お知らせ2021-03-11T18:23:03+09:00

お知らせ

News

11日2023/12

年末年始の診療案内(2023年-2024年)

2023年12月11日|患者さま向け|

年内の診療日は、12月29日 (金曜日)までです。 新患受付は16:00までとなります。 年始の診療開始日は、1月4日(木曜日)から行います。 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 2024年1月、2月、の診療スケジュールは以下となります。

14日2023/10

第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の運動機能研究会にて当クリニックの理学療法士2名が発表参加いたしました

2023年10月14日|医療関係者さま向け|

2023年10月に第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の運動機能研究会が東京新宿の京王プラザで開催され、当クリニックの理学療法士2名が発表参加してきました。 第50回日本肩関節学会 第1日目 一般口演10 腱板断裂のセッションに「棘下筋回転移行術後可動域における術前棘上・棘下筋脂肪変性が及ぼす影響」について宮平雅史が発表してきました。 また、第20回日本肩の運動機能研究会 第1日目 主題1 投球障害肩における治療ターゲット のセッションに「投球パフォーマンスに関わる因子の検討」を新垣翔太が発表してきました。

12日2023/10

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集「腱板断裂の治療戦略」に当クリニック理事長が執筆した論文が掲載されました

2023年10月12日|医療関係者さま向け, 院長コラム|

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略治療という特集で、当クリニック理事長の安里英樹が執筆した論文「棘下筋回転移行術-コツとピットフォール」が掲載されました。 臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略  

さらに記事を読み込む
11日2023/12

年末年始の診療案内(2023年-2024年)

2023年12月11日|Categories: 患者さま向け|

年内の診療日は、12月29日 (金曜日)までです。 新患受付は16:00までとなります。 年始の診療開始日は、1月4日(木曜日)から行います。 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 2024年1月、2月、の診療スケジュールは以下となります。

12日2023/10

【休診のお知らせ】10月12日(木曜日)午後から、13日(金曜日)・14日(土曜日)は学会に発表参加のため休診

2023年10月12日|Categories: 患者さま向け|

10月12日(木曜日)午後から、13日(金曜日)・14日(土曜日)に学会に発表参加のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

さらに記事を読み込む
14日2023/10

第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の運動機能研究会にて当クリニックの理学療法士2名が発表参加いたしました

2023年10月14日|Categories: 医療関係者さま向け|

2023年10月に第50回日本肩関節学会・第20回日本肩の運動機能研究会が東京新宿の京王プラザで開催され、当クリニックの理学療法士2名が発表参加してきました。 第50回日本肩関節学会 第1日目 一般口演10 腱板断裂のセッションに「棘下筋回転移行術後可動域における術前棘上・棘下筋脂肪変性が及ぼす影響」について宮平雅史が発表してきました。 また、第20回日本肩の運動機能研究会 第1日目 主題1 投球障害肩における治療ターゲット のセッションに「投球パフォーマンスに関わる因子の検討」を新垣翔太が発表してきました。

12日2023/10

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集「腱板断裂の治療戦略」に当クリニック理事長が執筆した論文が掲載されました

2023年10月12日|Categories: 医療関係者さま向け, 院長コラム|

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略治療という特集で、当クリニック理事長の安里英樹が執筆した論文「棘下筋回転移行術-コツとピットフォール」が掲載されました。 臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略  

11日2023/02

第23回沖縄理学療法学術大会に当クリニックの理学療法士3名が発表参加いたしました

2023年2月11日|Categories: 医療関係者さま向け|

2023年2月に第23回沖縄理学療法学術大会が沖縄科学技術大学院大学(OIST)で行われ、当クリニックの理学療法士3名が発表参加してきました。 今回、新垣の演題が優秀賞を受賞しました。 「棘下筋回転移行術後の挙上可動域の回復に影響する要因について」宮平雅史 「腱板断裂術後症例における術後6ヵ月時の患者立脚型肩関節評価法に関連する因子について」大城光 「異なる用具を用いた投球動作の比較〜上肢・体幹の動きに着目して〜」新垣翔太

さらに記事を読み込む
12日2023/10

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集「腱板断裂の治療戦略」に当クリニック理事長が執筆した論文が掲載されました

2023年10月12日|Categories: 医療関係者さま向け, 院長コラム|

臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略治療という特集で、当クリニック理事長の安里英樹が執筆した論文「棘下筋回転移行術-コツとピットフォール」が掲載されました。 臨床整形外科(Vol.58 No.10 2023)特集 腱板断裂の治療戦略  

1日2022/11

関節外科 基礎と臨床(Vol.41)に当クリニック理事長が執筆した論文が掲載されました

2022年11月1日|Categories: 医療関係者さま向け, 院長コラム|

関節外科 基礎と臨床(Vol.41 No.11:93-100, 2022)腱板断裂治療のエキスパートを目指そうという特集で、当クリニック理事長の安里英樹が執筆した論文「一次修復不能な腱板断裂に対する棘下筋回転移行術」が掲載されました。

1日2020/08

整形・災害外科(Vol.63)に当クリニック理事長が執筆した論文が掲載されました

2020年8月1日|Categories: 医療関係者さま向け, 院長コラム|

整形・災害外科(Vol.63 No.9:1118-1121, 2020)整形外科手術 名人のknow-howコーナーに、当クリニック理事長の安里英樹が執筆した論文「腱板断裂性肩関節症に対する棘下筋回転移行術」が掲載されました。

さらに記事を読み込む
Go to Top